ウーマン

元凶である菌を死滅|体臭対策を考えているなら専用のボディソープ

シャワーの後もお勧め

女の人

菌を洗い落としてから使う

すそわきがのケア用品であるクリアネオの間違った使い方として、使用する部位を綺麗にしないまま塗ってしまうという例があります。クリアネオは最初に気になる部位の汚れや雑菌を落としてから使用しないと、菌がそのまま繁殖して効果が落ちてしまうので要注意です。そのためクリアネオを使用する時は、朝のシャワー後や夜のお風呂の後などが最適です。このタイミングならば雑菌もほとんど落ちているためです。ただし洗い終わった後は、気になる部位の水分を綺麗に拭きとっておくように気をつけます。濡れたままだと、クリアネオの成分が水分によって流れでてしまうためです。またクリアネオが制汗やニオイを抑制する効果は、およそ10時間から半日程度です。使用する間隔は短すぎず、長すぎないように気を配ることも大切です。

毛を処理するメリット

デリケートなゾーンの嫌なニオイへの対策として、クリアネオに加えて毛を処理しておく工夫もお勧めできます。VIOゾーンの毛は汚れやニオイが溜まりやすく、雑菌の繁殖もしやすい特徴があります。すそわきがの原因である、アポクリン腺から分泌された汗が分解されてできる雑菌は、毛を住処に繁殖します。このためニオイ対策として、VIOゾーンの毛の処理をしておくと雑菌も繁殖しにくく、クリアネオの消臭効果も高まります。また毛を処理する場合はヒートカッターを使うのも、良い工夫です。ヒートカッターは熱によって毛を焼き切るので、ピンセットで抜いたときのように毛根を痛めることもないためです。肌を傷めずに毛を処理することで、クリアネオを安心して使用できます。